石灰石からつくる革命的新素材

LIMEXは石灰石を主原料とし、
紙やプラスチックの代替となり
持続可能な社会に貢献する日本発の革新的新素材として、
世界から注目されています。

LIMEXが果たす6つの使命

グルーバルで進む資源枯渇・環境問題へ貢献します。

LIMEXの特徴

石灰石を主原料とし、紙・プラスチックの代替となり、
持続可能な社会に貢献する日本発の新素材

三つの特徴

  • 主原料は石灰石

    主原料 ( 50%以上含む ) となる石灰石は世界にほぼ無尽蔵に存在、日本においても自給率100%を超え、安価に入手可能な鉱物資源

  • 資源枯渇問題へ貢献

    水をほぼ使用することなく紙代替製品、石油由来成分を抑え、プラスチック代替製品を製造可能

  • 環境問題へ貢献

    二酸化炭素の発生を抑え、気候変動の抑制に貢献循環・再利用し続けることでゴミを減らしマイクロプラスチック問題へ貢献

石から生まれたLIMEXは
エコロジーとエコノミーを両立しうる素材

※LIMEXの定義:炭酸カルシウムなどの無機物を50%以上含む、無機フィラー分散系の複合材料

LIMEXシート

紙の代替製品
としての特徴

紙と比べ、大量に必要となる水や木をほとんど使わない

LIMEXシートの特徴①

耐水性・耐久性

紙と比べ高い耐水性と耐久性を兼ね備えているため、雨や屋外での使用にも耐えられます

LIMEXシートの特徴②

高効率なリサイクル

主原料である石灰石は無機物のため樹脂に比べ劣化しにくい

LIMEXペレット

プラスチックの代替製品
としての特徴

石灰石を50%以上含み、
プラスチック成分(石油由来原料)を大幅に削減

LIMEXペレットの特徴①

LIMEXシートからつくれる

使用済みのLIMEX製品(印刷物)などを回収、破砕し、ペレット化することができる。

LIMEXペレットの特徴②

既存の成形機に対応

既存のプラスチックの製造工程と同様のフローで製造可能であり、LIMEX専用の機器は不要。

LIMEX導入事例

紙製品、プラスチック製品のあらゆるアイテムがLIMEXで代替することが可能です。

  • メニュー表

  • パークガイド

  • 商品タグ

  • ショップバッグ

  • スマホケース

  • ブック

  • 食品容器

  • 電飾シート

  • クリアファイル

自動車部品や建築資材の代替に
向けて開発・検証も進めています。

アップサイクルによる
サーキュラーエコノミー(循環型経済)
モデルの構築も進んでいます。

「アップサイクル」とは、サステナブルなものづくりの新たな方法論のひとつである。従来から行なわれてきたリサイクル(再循環)とは異なり、単なる素材の原料化、その再利用ではなく、元の製品よりも価値の高いモノを生み出すことを最終的な目的とした世界的に大きな潮流の一つ。
LIMEXは紙・プラスチックの代替製品どちらも同じ組成であるため、回収・破砕しプラスチック代替製品の原料となるLIMEXペレットを製造、再成形してプラスチック代替製品をつくることができる、アップサイクルに最適な素材です。

LIMEX とストーンペーパーの違い

■製造方法
LIMEXは、「50%以上の石灰石(炭酸カルシウム)と熱可塑性樹脂を均一に混練する」というTBM社の独自技術によって製造され、内部の空孔構造を制御しつつシート状に成形したものがLIMEXシートであり、ペレタイザで粒状に加工して成形したものがLIMEXペレットです。ストーンペーパーは、炭酸カルシウムとHDPE(高密度ポリエチレン)を原料に作製されたペレットをシート状に成形したものです。

■ 物性
LIMEXシートはこれまでのストーンペーパーと比べて、下記のポイントが異なります。

●比重に関して、ストーンペーパーは1.0~1.2に対して、LIMEXシート(白色ソフト)は0.9~1.2
●紙粉の発生が少なく、厚みの均一性が高い
●光透過性と光拡散性に優れる ※LIMEXシート(半透明ハード)の場合

素材名 中間製品名 用途 最終製品の種類(製品例) 製造国・
石灰石の
原産地
印刷物
(名刺等)
真空成形品
(食品容器等)
射出成形品
(スマホケース等)
インフレーション
(レジ袋等)
LIMEX LIMEXシート 紙代替
プラスチック代替
× × 日本
LIMEXペレット プラスチック代替 ×
なし ストーンペーパー 紙代替 × × 台湾・中国
素材名 LIMEX なし
中間製品名 LIMEX
シート
LIMEX
ペレット
ストーン
ペーパー
用途 紙代替
プラスチック
代替
プラスチック
代替
紙代替
最終製品の
種類
(製品例)
印刷物
(名刺等)
×
真空成形品
(食品容器等)
×
射出成形品
(スマホケース等)
× ×
インフレーション
(レジ袋等)
×
製造国・石灰石の
原産地
日本 台湾・中国
PROGRESS

次なる新素材の開発

石灰石と植物由来樹脂を使用したBio LIMEX

ビニール袋や使い捨てのプラスチック製容器の使用が禁止されるなど、プラスチックを巡る法規制が各国で進んでいます。LIMEXは、石灰石を主原料に石油由来樹脂と構成されていますが、石油由来樹脂をバイオ由来の素材に置きかえた「Bio LIMEX」を開発しました。石油由来樹脂をほぼ使用せず、石油・水・森林資源の保全やCO2排出の削減に貢献し、安価な石灰石を主原料にすることで、原料コストの削減も実現します。2019年6月に開催されたG20大阪サミットの運営品として、Bio LIMEX製のゴミ袋が採用されました。

100%植物由来の、高性能バイオプラスチック「Plax」

かつて世界が開発に挑み、様々な障壁のもと諦められたバイオプラスチック。生分解性とCO2排出削減効果の2つの特性を持つポリ乳酸を使用し、当社開発の添加剤を加えることで、石油由来のプラスチックと同等以上の性能を持つバイオプラスチック、Plaxの開発に成功しました。(国内、海外含む特許出願済み)100%植物由来から成るPlaxは、生産コスト、耐熱性、強度、柔軟性等においても、他に類を見ない高機能な素材で、カトラリーや繊維など様々な用途の製品化を進めています。

LIMEX(ライメックス)は、炭酸カルシウムなど無機物を50%以上含む、無機フィラー分散系の複合材料であり、紙・プラスチックの代替となる日本発の新素材です。株式会社TBMが国内で自社開発(特許取得)した唯一の新素材であるLIMEXを使うことは、SDGsの目標への貢献、持続可能な循環型イノベーションに貢献することができます。

LIMEXについてのお問合せ

下記のフォームよりお問い合わせください。
追って担当よりご連絡いたします。

新東通信 LIMEX事業部
[ LIMEX エリアパートナー ]