RELEASE
2018年10月23日
日本とスペインのかけ橋
30余年に亘り、日本とスペインの文化交流事業に取り組んでいます。

1985年に、スペイン・カタルーニャの文化を紹介し、双方の文化交流を図るための「日本・カタルーニャ友好親善協会」を設立。カタルーニャ地方の祝祭「サン・ジョルディの日(4月23日に本と花を男女で贈りあう日)」の日本での普及活動や、カタルーニャ語講座の運営、会報誌「AMICS」の発行を継続しています。1990年には、首都マドリッドに和食レストラン「ROBATA(ろばた)」を開店させ、日本の食文化普及に貢献してまいりました。1998年には、スペイン最古の大学であるサラマンカ大学に設立されたスペイン日本文化センターを支援するために「日本サラマンカ大学友の会」を設立し、日本とスペインの相互理解促進のために、現在もその活動に取り組んでいます。そして、2013年~2014年に日西両国で展開された「日西交流400年記念事業」にも積極的に取り組んでまいりました。

それら功績が認められ、当社の創業者である会長が下記の栄えある勲章を受章いたしました。

 

2006年 スペイン国王より「アルフォンソ十世勲章エンコミエンダ章」を受章

2012年 「平成24年度外務大臣表彰」を受賞

2016年 スペイン・カタルーニャ自治州政府より「サン・ジョルディ十字勲章」を受章

2016年 平成28年春の叙勲「旭日双光章」を受章