株式会社新東通信

Company infomation

スーパーポスト

レスポンス総合研究所

東海ライフスタイルラボ

ローカルインフルエンサー

仕事紹介

市民のためのマラソンを。

1985年から実施している「名古屋シティマラソン」市民参加型マラソンの先駆け的大会です。

市民のためのマラソンを。

1985年11月、1988年のオリンピック誘致運動の一環として、「名古屋シティマラソン」が開催されました。「栄のど真ん中を走るなんて無謀だ」などと冷ややかな反応ばかりの中で、3,000人のランナーが名古屋の都心を駈けぬける大会を当社の手で実現しました。 残念ながらオリンピックはソウルで決定したものの、「名古屋シティマラソン」は、1985年10,000人を超える大規模マラソンへと発展しました。10km、4kmのジョギングコースの他に、20km公認ロードレースを併催。1995年にハーフマラソンとなったこの大会では、アテネオリンピック金メダリスト野口みずきが3度の優勝を果たすなど、国内有数の大会となりました。
2010年11月、26回を迎えた「名古屋シティマラソン」には、16,000人の市民ランナーが参加し、ひとつの大きな役割を終えました。27回大会以降は、「名古屋ウィメンズマラソン(旧:名古屋国際女子マラソン)」と併催され、『マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知』という枠組みの中、ナゴヤドームをスタートに開催されています。